自身でブログを立ち上げてインターネット上に上げるには、

 

1:サーバー

2:独自ドメイン

 

の2つが必要ということで、前にレンタルであるエックスサーバー(Xserver)の導入方法(1:サーバー)について紹介しました。

エックスサーバー(Xserver)を導入する方法

 

今回は独自ドメイン(2:独自ドメイン)のエックスサーバーからの導入方法について紹介したいと思います。

 

 

独自ドメイン取得方法動画

 

まずドメインとはどのようなものかというと、このブログでいう(http://harakohnc.com/)のようなこのブログを表すアドレスです。

 

1つのブログやサイトを作る時に、1つの独自ドメインが必要になります。

 

イメージとして、

ドメインは「土地」でブログ・サイトは「家」といったものとなります。

 

土地(ドメイン)を買って、その上に家(ブログ・サイト)を構築し、多くの人に来てもらうといった感じです。

 

そしてこのドメインは、導入したエックスサーバーから合わせて購入・取得することが出来るので、その方法について上の動画で紹介しています。

 

 

他のドメイン取得方法は?

他にもドメイン取得方法として、「お名前.com」「ムームードメイン」でドメインを購入できます。

 

 

「お名前.com」は1円からドメインを購入することができたり、「ムームードメイン」も月額500円でWordpressを導入して始めることができます。

 

どちらも安価でドメインの購入やスタートを行うことができますが、エックスサーバーに比べて容量の問題や脆弱性において、今後長期的に資産となるブログを作っていくという方にはオススメはできません。

 

もしその別の場所から購入したドメインを、数年後エックスサーバー等の別のサーバーへ移管する可能性も考慮しておく必要があるかもしれません。

 

エックスサーバーからの購入する時のドメイン料は、値段はそれぞれ用途「.com.」「.net」から「ne.jp」「co.jp」など様々あり、

 

最もよく使っていくつでも購入できるのが「.com.」「.net」系で年額1500円(税別)。

 

「ne.jp」「co.jp」系は年額7000円(税別)と高額なっていますが、これは法人系になるので、自身が会社を設立したり非営利法人を立ち上げた上で、必要書類を提出しなければならなかったりもするので、初めて導入する方や、個人事業主の方は「.com.」「.net」系で大丈夫です。

 

自分もこの「.com」でドメインを取得しています。

 

それでも月額125円、日に4円程度払って自分の独自ドメインを取得できると考えると安いと思えます。

 

また、今回紹介するエックスサーバーからドメインを取得すると、同じような要領でより簡単にWordpressを導入できるというメリットもあるので、

 

その方法についてはまた次に紹介したいと思います。

 

【次回内容】

エックスサーバーからドメインにWordPressを簡単に自動インストールする方法

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事