自身でブログ、又はどこか企業やお店のサイトを制作してインターネット上へ上げるには、

 

1:サーバー

2:独自ドメイン

 

の2つが必要です。

 

AmebaブログやFC2ブログといった無料で利用できるブログがありますが、これらは無料で出来る代わりに、自由が利かない部分もあります。

 

最も恐ろしいのは、何か規約違反をした場合、たとえ毎日6時間かけて1年間しっかり作り上げたブログであっても、管理会社の判断でそのブログが停止されてしまうということがあります。

 

そのため、長期的に個人で所有できる

サイトを持つためにも、サーバーの導入が必要となります。

 

 

エックスサーバー導入 動画

 

 

サーバーを導入するには?

では、個人でサーバーを導入するにはどうすれば良いか?

 

それは、

1:個人で所有する

2:レンタルする

 

の2つの方法があります。

 

1の場合、サーバーを個人で購入・所有することは可能です。

 

ですが問題としては、初期費用に何十万という費用が掛かってしまうので、初心者がいきなり手を出すにはあまりにもハードルが高い上、行わなければならないことも少なくはありません。

 

パソコン関係が知識的に上級者で、金銭的にも余裕がある人向けかもしれません。

 

2のレンタルを行う場合が、最も現実的で初心者に対応しています。そしてそのまま、技術能力が上がっても使用し続ける方も多いです。

 

そこで今回、動画で「エックスサーバー(Xserver)」の導入方法を説明していますが、他にも代表的なサーバーとして、「エックスサーバー(Xserver)」よりレンタル料が安価な「ロリポップ(LOLIPOP!)」があります。

 

この2つのサーバーは、それぞれディスク容量・転送量・データベース量など、コースによって差はありますが、爆発的なアクセスが毎日集まるような状態ではなく、所持しているドメイン数も数える程度であれば、基本的な機能として両方とも十分な能力を備えています。

 

エックスサーバーの一番安い「X10(スタンダード)」プランと、ロリポップの「スタンダード」プランで比較した場合、月額サーバー量はエックスサーバーが1000円、ロリポップが500円と、半額も違います。

 

値段の面で考えると、断然ロリポップの方が安いです。

 

ディスク容量については、エックスサーバーが200GB、ロリポップが120GBとその分エックスサーバーの方が多いです。

 

2016年3月1日までは、エックスサーバーの方だけに電話サポートがついていましたが、その日からロリポップも電話サポートが加わったりとサポートが厚くなってきております。

 

そう言っておきながら、私がエックスサーバーの導入方法を動画で紹介してオススメしている理由があります。

 

それは、多くのアクセスが集まった時のサーバーの高速処理や安定性が高いということがあります。

 

この機能の充実は、自分のブログ等のSEO(検索エンジン対策)にプラスに働きます。

 

さらには色んな機能も導入されて行っており、長期的に「安心のエックスサーバー」として継続することができます。

 

私の同じ同業の知り合いや、多くの声を聞くと、後々そのような理由からにエックスサーバーへサイトを移管した方もいるので、ケチらず今後の事を長期的に考えて、安心や機能性に投資しているという気持ちで導入して頂けたら幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
WordPress
ワードプレスで投稿設定する際に、投稿設定の「更新情報サービス」で自動的に送信したいpingについて入力する項目があります。 【参照場所】...
WordPress
取り入れたワードプレスでブログやサイトを作っていく上で、そのほとんどの場合で動画を載せることになります。 もちろん載せなくてもブログの制...