【コピーライティング】【ダイレクト・レスポンス・マーケティング】【マーケティング】などの分野を勉強したり触れていくと、

 

見込み客(みこみきゃく)またはリードという言葉をよく目にすると思います。

 

見込み客とリードは同じ意味です。

 

この見込み客(リード)という言葉は、今後必ず使っていく言葉なのでぜひとも覚えておくようにしておいてください。

 

 

【動画】見込み客について

 

 

見込み客とは?

見込み客とは、自社商品や個人が売ろうとしている商品を、将来的に買ってくれる可能性のある人のことを言います。

 

もしくは商品に興味を持っている人のことを指します。

 

例えば、ダイエットサプリメント会社の製品を見た時に、とても興味を魅かれる商品があったので「資料請求」「商品お試し」にために、郵送先の住所や名前を登録したとします。

 

この「資料請求」や「商品お試し」のために登録した人が、その化粧品会社にとって【見込み客】となります。

 

または、企業の発行するメールマガジンを読みたいので、メールアドレスを登録した人も見込み客となります。

 

このように、まだ商品自体は買っていないが、いずれ購入する可能性がある人が見込み客となります。

 

リードジェネレーションについて

上で説明したように、化粧品、例えばドモホルンリンクルのように無料サンプルで商品のお試しをしてもらったり、興味を持ってくれた人に何か無料でプレゼントするような活動をして、企業や個人は見込み客を獲得していきます。

 

このような、見込み客を獲得するための活動【リードジェネレーション】といいます。

 

この活動は、個人や企業が商品を販売して莫大な利益を上げる【ダイレクトマーケティング】の活動の上でも重要なものとなります。

 

今回の見込み客については、基本にして重要な用語と意味合いを持つのでぜひとも覚えておくようにしましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事