企業のコンサルティングを行う上で、マーケティングの知識やスキルは必須条件と言えます。

 

そして、さらに同じく最重要なスキルとして【コピーライティング】があります。

 

このコピーライティングスキルを持っているか否かで、

実際に企業の商品を販売したり、自分自身でインターネット上でビジネスで販売を行っていく上での売り上げを大きく左右します。

 

今回はその重要なスキルであるコピーライティングについて紹介します。

 

 

【動画】コピーライティング概要

 

 

コピーライティングとは?

 

コピーライティングとは、簡単に言うとセールスレターや広告の文章を書く技術、すなわち商品を売る文章を書く技術のことです。

 

セールスレターとは何かというと、

よく万田酵素のような健康食品を販売するような会社が、インターネット上で自社の商品を販売する時に商品の必要性やお客様の声、そして値段や購入フォームを設置している一連のページ。

 

これを思い描いて頂けたらわかりやすいかもしれません。

 

このセールスレターは、単に文章が羅列しているだけに思えるかもしれませんが、その中ではその商品を売るために様々なテクニックが散りばめられています。

 

そのセールスの文章を書く上でコピーライティングが重要になって、これが売り上げを左右すると言っても過言ではありません。

 

マーケティングとの関係性と役割

コピーライティングを行う上で、マーケティングの考えやスキルは必要の不可欠になります。

 

よく「コピーライティングのスキルを磨いたら、これだけの高い報酬を受けることができます!」という書籍や、ネットでもそのような意味合いの言葉が見られます。

 

これ自体間違いではありませんが、結論からいうと文章を書くだけのコピーライティングのスキルだけでは使い物になりません。

 

そこに、マーケティングの知識や考え方も必要となり、これを蔑ろすると適切な文章を書くことが出来なくなります。

 

ではどのような関係にあるか簡単に説明します。

 

まずマーケティングがどのようなものか簡単に示すと、

「商品や魅力がわかる人を集客する」こと。

 

そしてコピーライティングは、

「商品の魅力や価値を正しく伝える」ことです。

 

コピーライティングスキルの必要なセールスレターや広告は、購入を考えているお客様(見込み客)や同じく新規のお客様に対して、商品の良さを伝えて買ってもらいます。

 

マーケティングの知識や考え方を持っていないと、その見込み客を集めることが出来ない上、そのターゲットとなる見込み客に対して適切な文章を書くことが出来なくなってしまいます。

 

例えば、本来は女性用のダイエットサプリメント商品なのにもかかわらず、男女関係なくすべてを対象としたセールスレターになってしまいます。

 

結果「誰に対しての商品なの?」と思われ、誰にも響かず買ってもらえない商品となってしまいます。

 

コピーライティングとマーケティングの知識は切っても切れない関係で、この両端ともが本当に大切なスキルです。

 

両方ともを関連付けて、一緒にスキルアップしていきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事